カテゴリー別アーカイブ: 書評

人物イラスト参考書おすすめ

人物イラストの参考書です。いろんな本が出てますがやはり良い本は変わらないと思います。
これから始める人も基礎をおさらいしたい人も、とりあえずこれだけは押さえとけセットです。

紹介するのは全てリアルな人物を描くための教本です。デフォルメしたイラストから入るってやり方もあると思いますが、リアルな人体の描き方押さえておく方が応用効くんじゃないかなーと思ってます。ちなみに私はハム先生派。

◆有名なハム先生の本です。人物の描き方を徹底的に細分化して解説してくれます。ハム先生は語り口がやさしい。


◆超有名なルーミス先生の本。とりあえず買っとけ。でもルーミス先生はやさしくないぞ。

◆美術解剖図です。人体を描くのに重要な骨格や筋肉について解説してます。もっと詳しい解剖図はたくさんありますが、とりあえずこれ一冊あれば十分。

◆上の本の応用編。こちらの方が実用的。いろんなポーズのデッサンとその解剖図。重要な部分だけ解説しているのが良いです。洋書ですが問題無し。医者になる訳じゃないんだし筋肉の名前なんて覚えなくて大丈夫。

解剖図は詳しく解説している本が良さそうに見えたりしますが情報が多すぎるとかえって使いにくいです。イラスト描くのに必要なポイントに絞って解説してい本が良いです。上で紹介したシェパード先生の本で情報としては十分すぎるぐらい。人体描いてて分からなくなったら見るって感じの辞書的な使い方になることが多いハズなので案外出番は少ないです。なにより女の子メインで描くなら筋肉よりも脂肪です!

◆高いですがあると便利だし何しろテンション上がる


ミニチュアの骨格標本も持っていますがそんなに出番はないかな。立体なので上から見た首周りの形チェックしたりできるのは良いですが… それよりお好みのキャラの出来の良いフィギュア買った方がいいです。関節の表現は重要なのでポーズ固定のやつね。可動関節のやつは楽しいですが資料としてはイマイチ。

で、ここからなんですが、アニメや漫画みたいなデフォルメキャラ描くのにコレって教本あんまりないんですよね。結構いろんな本買ったけどほとんど使ってません。基礎押さえた後は好きな作家さんの画集や漫画買って参考にするのが良いかも。なんかいいのあったら教えてください。

上達するための練習と継続するための書籍

今年は真面目に練習するぞーってことで、年末年始ずっと本読んでました。10年ぐらいイラストや漫画描いてますが、漫然と描いたりサボったりしてるだけでなかなか上達しないなあと思っていて参考になるかなと…
読み物として面白いのが多くて、意外な発見があったりしたのでご紹介。欧米はスキルアップを体系的に進めようっていう研究進んでますね。

以下紹介する本はどれも同じ研究を元に書かれているので似たような内容です。

「超一流になるのは才能か努力か?」の紹介文抜粋
チェス、バイオリン、テニス、数学……。
世界中のトッププレーヤーたちを、30年以上にわたって科学的に研究。
そして導き出された「超一流」への鉄則とは?

鉄則1:自分の能力を少しだけ超える負荷をかけつづける
鉄則2:「これで十分」の範囲にとどまっていると、一度身につけたスキルは落ちていく
鉄則3:グループではなく、一人で没頭する時間を確保する
鉄則4:自分の弱点を特定し、それを克服するための課題を徹底的に繰り返す
鉄則5:練習を「楽しい」と感じていては、トッププレーヤーにはなれない
鉄則6:これ以上集中できないと思った時点で練習や勉強はうちきる
鉄則7:上達が頭打ちになったときは、取り組むメニューを少しだけ変えてみる
鉄則8:即座にフィードバックを得ることで、学習の速度は劇的に上がる
鉄則9:オンの時間とオフの時間をはっきり分け、一日のスケジュールを組む
鉄則10:どんな能力も生まれつきの才能ではなく、学習の質と量で決まる

追加
◆プロゲーマー梅原大吾の本です、達人本人が書いた訓練法はめちゃ具体的。訓練内容は以下で紹介した本の内容とほぼ同じだったりまします。ウメハラすげぇ!

この手の本10冊ぐらい読んでみて良かった本を抜粋

◆練習方法についてはこちらが一番よくまとまっています。背景から知りたい人向け。読み物としても面白いです。


◆上の本の具体的な手法をシンプルにまとめた本。手っ取り早く知りたい人向け。

◆何かをマスターするなら上達しない時期の方が長くなる、伸び悩んでるときに読むといいかも。

◆原題はThe Willpower Instinct 意志の力とかそんなな感じ? 自己啓発本の類ですが読みやすいし訳も良いです。

◆マシュマロを1つ今すぐもらうか我慢して2個貰うかっている有名なテストから自制心や意志の強さについて解説、教育寄りの内容です。

おまけ
読んだ本の半分ぐらいは上記の内容を無理やりビジネスに結び付けたような本でした。大本の研究対象が音楽やスポーツなんで会社組織やビジネスにつなげようってのはちょっと無理あるんじゃないかなーって印象でした。ビジネス向けの啓蒙書なら素直にこちらが良いと思います。